アウトドア初心者にも安心!<br />自然を楽しむ「五ケ山クロス」へ出かけよう
2019.06.14

アウトドア初心者にも安心!
自然を楽しむ「五ケ山クロス」へ出かけよう

今年3月にオープンした「五ケ山クロス」をご存知ですか?
実は、福岡都市圏から最も近いアウトドアの拠点としていま注目を集めるスポットなのです。場所は、福岡県と佐賀県の県境に位置する、那珂川市の五ケ山ダム周辺。ここではキャンプや登山、トレッキング、サイクリングなどを楽しめます。「今年こそはキャンプデビュー!」と思っているビギナーの方にも、安心して足を運んでもらえる工夫が盛りだくさん。次の休日には、家族や友人と出かけてみませんか?

五ケ山ダムを望む景色。湖畔の周りはサイクリングコースにもなっています。

五ケ山クロスへ向かう途中に立ち寄りたいのが『かわせみの里』。新鮮な地元野菜や惣菜が並び、BBQの食材を調達するにも◎

中ノ島公園生産物直売所 かわせみの里

住所:那珂川市市ノ瀬445
TEL:092-953-0514

遊び方いろいろ、「五ケ山クロス」4つのエリア

天神から車を走らせること約50分。仕事を終えてそのままキャンプへ...なんてことも実現できてしまうのが「五ケ山クロス」です。都心で暮らしながら身近に自然と触れられる、アーバンアウトドアの拠点として誕生しました。ここには、地元食材をふるまうカフェや日本を代表するアウトドアブランドであるモンベルの店舗がある「ベース」、初心者からキャンプを楽しめるモンベル監修の「モンベル五ケ山ベースキャンプ」。そして、川遊びを満喫できる「リバーパーク」に、バンガローのある「バンガローサイト(グリーンピアなかがわ)」という4つのエリアに別れています。

そのため、遊び方もさまざま。朝起きて思い立ったその足で「ベース」へ行きカフェでランチするもよし、「リバーパーク」で裸足になって川に入ってみるもよし。もしくは、五ケ山ダム周辺を巡るサイクリングに出かけてみるのもいいでしょう。もちろん、食材を揃えて1泊〜のキャンプも気軽に楽しめます。

キャンプサイトでは、日帰りのデイキャンプのプランも利用できます。

脊振山系と湖畔を一望できるパノラマビュー

木造の展望デッキが目印の「ベース」には、地元の新鮮な食材を使ったカフェ『カパンナ』と、幅広いアウトドア商品を揃えた『モンベル福岡五ケ山店』が並んでいます。その上には、子どもが走り回れるほど広い展望デッキを設置。眼前には、雄大な脊振山系と五ケ山ダムが広がり、思わず両手をのばして深呼吸したくなるほどです。ここを訪れれば日常を忘れて自然の中でリフレッシュできること間違いなし!

ちなみに、『モンベル福岡五ケ山店』では、モンベル製の本格的なスポーツサイクルの貸出を行なっています(4時間レンタル2300円〜)。ぐるりと湖畔を一周する約10キロのコースは、四季折々の自然を楽しませてくれるでしょう。他にも、五ケ山店限定のマグカップやTシャツも用意しているので、お土産にもおすすめです。

五ケ山クロスの拠点となる「ベース」。授乳室やおむつ台も完備しており、小さな子ども連れでも安心です。

鳥のさえずりをBGMに、日頃の慌ただしさをすっかり忘れられるスポット。

『モンベル福岡五ケ山店限定マグカップ』税込1,620円

『モンベル福岡五ケ山店限定Tシャツ』税込3,024円

新しいスタイルの常設テント、“ウォールテンテッドキャンプサイト”

「ベース」から車で移動すること約1分、「モンベル五ケ山ベースキャンプ」に到着します。ここは山の斜面に広がる広大な土地。背振山系に囲まれた緑豊かなスポットです。

全面オートサイトなので一区画が広々!また、デイキャンプ用のフリーサイトもありますよ。

ここにはいくつかのキャンプサイトがあり、小さな子どものいる家族連れや初心者でも楽しめる仕様になっています。その内のウォールテンテッドキャンプサイトは、モンベルが開発した新しいスタイルの常設テントを設置。本格的なキャンプとグランピングの中間といったイメージです。テントの入り口には、キッチンがありダイニングテーブルを配置。その奥のテント内は38m2の広さがあり、トイレやシャワー、ベッドやテーブル、暖炉まで揃っています。キャンプをしながらホテルで過ごすような新感覚を味わえるとして、オープン以来、週末の予約がすぐに埋まってしまうほど人気だそうです。

本格的なキャンプとリゾートスタイルのグランピングという、この2つの間にあたるのがウォールテンテッドキャンプというスタイル。

包丁やまな板、平皿など、キッチンツールも常備しています。食材だけ用意して、あとは手ぶらでOK!

タオルやスリッパも用意され、快適に過ごせる空間です。全10区画あり、1泊・2名14,040円〜。

他には、愛犬を連れて泊まれるドギーキャンプサイトや、デッキと電源付きのオートキャンプサイトなど、それぞれの用途に合わせた区画を用意しています。すべての区画で車を横付けすることができるため、重い荷物があっても安心。他にも、快適に過ごせるように設計の段階からさまざまな工夫がなされています。キャンプサイトのシャワー棟には冷暖房を完備。水道は冬でも温水が出るようになっていて、トイレはすべて水洗、子ども用トイレも備えています。さらに、フリーWi-Fiも利用でき、その場でキャンプの様子をSNSにアップすることも可能。これだけ揃っていれば、ビギナーも小さなお子さま連れも安心してキャンプを始められますね。

キャンプサイトのシンボル的存在であるクライミングウォール(1トライ650円/小学生以上から利用)。

受付と売店のある管理棟は、8:00〜19:00までオープン。

リバーパークへ立ち寄って水遊びを満喫

最後に紹介するのは、五ケ山ダム直下で川遊びができる「リバーパーク」です。こちらも3月末にオープンしたエリア。福岡で川遊びというと、同じく那珂川市の中ノ島公園を思い浮かべる方も多いのではないではないでしょうか。その中ノ島公園から車で約10分、旧385号線沿いにあるのがこちらです。ダムへと繋がる遊歩道と木々の茂る山林の間を流れる川は、見ているだけでも心が和む心地よさ。上流はやや急流で、ウォータースライダーとして楽しめるように作られたそう。夏になると、子どもたちがキャーキャー声をあげながら楽しんでいる様子が目に浮かびます。川に入って遊ぶ他に、川べりでピクニックをしたり、心地よい日差しを浴びながら読書したりもおすすめです。

夏には、子どもたちの水着と着替えの用意を忘れずに。

あれもこれも…と考える前に、思い立ったらまず五ケ山へ

アウトドアを楽しむには道具がいるし、手間もかかるし…。と、なかなか実行できずにいた人にも、五ケ山クロスは絶好のスポットです。ウォールテンテッドキャンプサイトを利用すると、食材だけ揃えて行けば、ホテルに行くような感覚で楽しむことができるし、他のキャンプサイトで日中だけのデイキャンプから始めることだって可能。設備の整った“敷居の低いキャンプ”から始めると、思いのほか楽しい“ソトアソビ”の魅力に気づくことでしょう。キャンプのみならず、大自然を臨んで気持ちをリフレッシュしたり、川遊びで自然に触れたりと、「五ケ山クロス」には五感を刺激してくれる要素が詰まっています。次のお休みにはぜひ足を伸ばしてみてください。

GOKAYAMA CROSS
http://nakagawa-gokayama.com

BASE(ベース)

住所:那珂川市大字五ケ山1397-46

『モンベル福岡五ケ山店』

営業時間:10:00~19:00/定休日:なし

『CAPANNA(カパンナ)』

営業時間:10:00~17:00/定休日:なし
駐車場:無料 普通111台/大型5台
問合せ:那珂川市役所地域づくり課観光・まちづくり担当
TEL:092-408-8729

MONT・BELL GOKAYAMA BASE CAMP(モンベル五ケ山ベースキャンプ)

住所:那珂川市大字五ケ山461-1
TEL:092-408-1711
営業時間:8:00~19:00
予約受付:電話(営業日10:00~17:00まで)
宿泊:チェックイン 常設サイト14:00~19:00、その他サイト13:00~19:00  チェックアウト 11:00
日帰り:10:00~14:00/15:00~19:00
定休日:毎週火曜日 ※火曜日が国民の休日の場合とGW・7月1日~8月31日までは除く
利用料金:宿泊:4,320円(税込)~、日帰り:2,160円(税込)~
※料金は時期に応じて変更となる場合あり。

RIVER PARK(リバーパーク)

住所:那珂川市大字五ケ山1291-1
駐車場:無料 普通56台
問合せ:那珂川市役所地域づくり課観光・まちづくり担当
TEL:092-408-8729

BUNGALOW SITE ~GREENPIA NAKAGAWA~
(バンガローサイト グリーンピアなかがわ)

住所:那珂川市五ケ山870-2
TEL:092-953-3373
URL:http://www.pia-n.com

ページトップへ戻る